エンジニア経験を持つヘッドハンターの利点

情報技術の分野では、開発に直接関わるエンジニアとしての働き方が可能です。しかし、業界の発展のために貢献する働き方は、技術者としてのみではありません。
人材を適材適所で割り当てられる役割を担うこともまた、技術者の働き方です。ヘッドハンティングを行う仕事では、業界内で優れた技術を持つ人物を見つけ出して、優遇される職場を紹介できます。

しかしそのためには、高い交渉力に加えて、業界の内情について熟知している必要があります。
ヘッドハンターとして活躍する前には、業界内でエンジニアとして働いていた経歴を持つスカウトマンたちも多いです。開発の仕事に関して、技術者として通用するほどの詳しい知識や経験を持っているからこそ、具体的な交渉をスカウトのターゲットに対して行う事ができます。

また、技術者として働いていた時代に培ってきた人脈やネームバリューは、エンジニアにヘッドハンティングを行う際のメリットとして機能します。相手の技術者と交渉する際に、相手にも交渉人自身のことについて、技術者時代から知ってもらっていれば有利です。
同じ業界で働いてきた技術者として、親近感を交渉相手に持ってもらうことにより、交渉がスムーズに進み有利な条件で有能な技術者をスカウトできます。有能な人材を必要とする開発会社としては、技術者としても有能なスカウトマンをヘッドハンティングの交渉役として雇い入れ、人材確保のために活かせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です